一軒家

屋根塗装をするなら専門業者に依頼しよう!

棟板金の取り換え

作業員

必要性や平均費用を確認

屋根の修理といっても、色々な施工があります。屋根自体を全部取りかえる葺き替え工法は、大きな修理となる施工です。また、あまり馴染みのない「棟板金」の修理も、多く行われています。スレートやコロニアルの屋根材を留めているのが棟板金です。屋根と屋根がつなぎ合わさる山状の部分に、棟板金は使われます。棟板金をつける事によって、そこから雨水が入り込むのを防ぐ、そしてスレートやコロニアルを固定するという役割があります。屋根としての機能を維持するには、棟板金は必要不可欠です。ただ、台風などの強風によって棟板金が外れてしまったり、歪むといったケースが出てきます。台風の被害が少ない地域でも、棟板金自体の劣化や棟板金を固定する貫板と言われる木材が腐ってしまうと、風が強く吹いた事で棟板金に影響が出てしまうようです。棟板金にトラブルが出てしまうと、そこから家の内部に雨水が入り込み雨漏りを引き起こします。こうなってしまうと、早めに棟板金を修理しなければ雨漏りの被害は、どんどん進んでしまうので注意が必要です。棟板金の修理は、まず既存の棟板金を外す所から始めます。棟板金を撤去した後は雨漏りを防ぐ為、釘穴を埋めるコーキングを施すのが一般的です。その後に、新たな棟板金を設置するという流れとなります。屋根の修理は施工法によって、相場は高くなります。葺き替え工法の場合は、60万円から200万円程度が相場です。棟板金の取り換えはというと、約3万円から10万円程度が相場となっています。広い屋根の中でも棟板金という、一部分のみを取りかえる修理となるので、相場は比較的リーズナブルです。