一軒家

屋根塗装をするなら専門業者に依頼しよう!

事前の調査が必要

家

ダメージから守るために

神戸で屋根工事を依頼する場合は、事前調査をしっかりしてもらい、工事の内容や工程を分かりやすく説明してくれる業者を選ぶことが大切です。神戸の屋根工事にはいくつかの種類があります。20年前後で、屋根材も劣化をしてくるので屋根材の張り替え工事が必要な場合があります。屋根材だけでなく、その下の防水シートと野地板も剥がして、全て張り替えしてもらう方が安心です。野地板が劣化しているのに張り替えなかった場合は、雨漏りや劣化を更に早めることになるからです。また、張り替えせずに、今ある屋根材の上に新たに屋根材をつけていく工事もあります。屋根材の張り替え工事に比べると費用は安くなりますが、やはり野地板や防水シートの劣化がひどかった場合は、劣化を早める事に繋がるため事前の詳細な調査や確認が必要です。後は屋根の塗装工事もあります。塗料が剥がれてくると、外観が悪くなるのと防水効果がなくなったりします。塗料を塗るときは、基本的には3回塗りとなります。1回や2回塗りのみで作業を終わる事があれば必ず確認しましょう。雨樋も、長年の間に、葉っぱやその他のごみが詰まったり劣化したりすることがあります。雨漏りの原因にもなりますので、10年前後を目安に取り替えした方が良いでしょう。神戸で屋根工事をする場合に、足場は必要になります。足場を作ると工事代に費用が追加にはなりますが、工事者が安全に作業を進める為には足場を使った作業が安心です。神戸の屋根工事業者は沢山ありますが、屋根材の下まで事前調査をしっかりしてくれる所なら失敗はありません。