土やがれきが発生するところにふるい機は活躍している

プラントや工事現場で活躍

男の人

固定式のプラントが主流だった

ふるい機のような大型残土処理機は、その規模のこともあり以前は残土処理の工場を専用に作って処理していました。
その工場には複数の機械が存在しており、固定された上に連結されて残土をスムーズに処理していたのです。それがプラントと呼ばれていました。

プラントでの処理の流れ

工事現場で発生した土はプラントがある工場に運ばれます。工場までは長い距離があるケースがほとんどですが、大量に発生した残土を大型のトラックで一気に運びます。
そして、プラントに土が投入されるのですが、プラントでは破砕機とふるい機が連結されており、まずは破砕機に投入され、細かくされるのです。

移動式の機械がある

プラント式の機械だと動かすことができなかったのですが、最近では移動式の破砕機やふるい機もできています。
そのため、即席のプラントを現場に作ることができるのです。もしその場で良質土を作るならすぐに流用できて便利だといえます。

がれき類を処理する

残土だけでなく、がれき類もふるい機にかけることができます。がれき類に分類されるものといえばアスファルトやコンクリートのくずです。
これをクラッシュしてふるいにかけることで、品質が安定した素材にリサイクルすることができます。それが再生骨材として利用できるのです。

広告募集中