建設のたびに出る残土を処理する機器はレンタルしよう

建設に関係する人が知っておいた方が良いこと

婦人

産廃処理の義務

残土ふるい機を建設現場で活用することは、産廃処理の現場において必要なことです。産廃処理は建設に関わる業者に必須となっていることなので、ふるい機で残土がどのように処理されて利用されるのかを、よく知っておかなければなりません。

READ MORE
男の人

プラントや工事現場で活躍

どんなところでふるい機は活躍しているのか、知っておきましょう。以前までは固定式が主流だったので、大型トラックなどで土砂を運搬しなければなりませんでしたが、最近移動式のふるい機や破砕機が作られているので利用しやすいです。

READ MORE

新着情報

建設現場でよく使われる特殊な機械ランキング

no.1

振動ふるい機

瓦礫や土には大きなものと小さなものがあります。どんなに砕いても大きさの違いは発生するため、振動ふるい機は建設現場の残土処理に必要不可欠な機械となるのです。購入するとなると300万円以上はかかってきます。

no.2

鉄材と分けられる磁選機

振動ふるい機でふるうだけでは処理できないもので、鉄くずなどがあります。残土処理のプラントでは磁選機を使って磁力で鉄とそうでないものを分けるため、レンタルや購入をされてよくこの機械が使われています。そのため、早めに予約する必要があります。

no.3

移動式コンベヤー

目視で分けることが必要な場合があるので、手選別コンベヤーが現場ではよく使われている機械となっています。固定式のものもありますが、移動式のものもありますので、どんなところでも使うことができるようになっているのです。

no.4

クラッシャー

大きな瓦礫はある程度の小ささまで砕く必要がありますので、破砕機ともいわれるクラッシャーが現場で活躍しています。ハンマー式の打撃によって硬い岩も破砕しますので、効率よく選別まで進むことができるでしょう。

no.5

エプロンコンベヤ-

固定式プラントでは、大型のエプロンコンベヤーが使われています。なぜなら、大型のエプロンコンベヤーであれば、コンクリートでも砂利でもどんなものでも運ぶことができるのです。油圧式で動くタイプや、電動タイプもあり様々な現場で活躍しています。

レンタルを申し込む

工事

購入と併せて検討する

大型の機械で、ずっと使うものならば購入した方が結果的にコストは低くなることがあります。
しかし、全ての機器を揃えるのにはお金がかかりますし、そもそも常に使っているものではないので購入するのはリスクが高いという企業もあるでしょう。その場合はふるい機などの建設に関わる大型機器は、レンタルした方が良いといえます。

まず連絡をする

ふるい機は残土処理に欠かせないものなので、レンタルの会社でも貸出している最中で、会社に在庫がないこともあります。
そのため、期日になる直前にレンタルしている機器を探すのではなく、事前に連絡をして予約をする必要があるでしょう。連絡をする際には、使用する予定の期日と、場所を伝えることになります。

貸出の手続きに必要な書類

貸出の手続きをする際には、前金が必須となっているレンタル会社もあるので確認しておきましょう。営業所では前金以外にも、身分証明書の提示を求められる場合があります。
会社や借りる担当者の身分証明書や免許証を提示し、それが受理されれば納品書が発行されます。レンタルでお得感を得ましょう。

広告募集中